老後の保障より子供の保障

とあるテレビ番組でポルトガルは18歳まで教育費タダだそうな。
(ながらで見てたので詳細は覚えてないのだけど)

日本は老後の保障ばかり充実してるけど
少子高齢化を本気で何とかしたいなら
18歳まではタダ、その代わり老後は自分でなんとかしろってのが国家としては正しい姿なんじゃねぇのかな。

なんだか今は逆ばっかりやってるよね。
平均寿命もどんどん延びて、いくらかかるか分からない老後保障をやるより
18歳までと決めてしまえば掛かる額も計算しやすいわけで
あとは成人してから税金で回収すりゃいいんだからやりやすいと思うんだけどな。

成人後、贅沢したいなら長生きしたいなら自分で頑張って稼げって社会の方が健全な気がします。


国家に貢献しなくなった老体に金かけるより、これから貢献してくれるであろう子供に金かけたほうがいい気がするんだけど
なぜならないのか。

子供は判断力ないからと選挙権が与えられてないのに、なぜ思考力の弱くなった老人にはいつまでも(死ぬまで)選挙権が与えられているのか。すごく疑問なんだけどなぁ。

俺の考えがおかしいのか世の中が不条理なのか。はてさて。




スポンサーサイト

国益のなんたるかを理解していないのか

代表選を辞退するでもなく、支持する側も全く動かない。。。

二重国籍疑惑が疑惑でなく事実であったにもかかわらず、事の大きさを理解していないようです。

本人はもとより、それを是とする人達の見識を私は疑いますが、、、
まぁ民主党時代より国益を損なってばかりの人達ですから今更驚きはしませんけどもね。

民進党議員もそうですが連立野党の共産党も是としているようです。
まぁ共産党も国益に対してそういう考えなんでしょうね。まぁ共産党だから当たり前と言えば当たり前か。

問題は生まれがどうとか詐称していたからどうとかいうところではないんですけどね。
(生まれはもちろんそもそも問題じゃないし、詐称はそれはそれで問題ですが)

国益を守るべき人間の資質が問われる事項であることが問題なんですが、日本が島国とはいえここまで平和ボケとは。

二度と与党になることがなければいいんですが、、、くわばらくわばら。


~~~~~
ついでに関連して最近思ったことをば

政治家の仕事としては他者を批判するということも大事であろうことは理解しているつもり。
(批判ばかりでも困るが)
議論してよりより案を導くのが仕事なのだから相手の案を批判評論し、対案をぶつけるべきであろう。

が、他人の批判をするものは自らの襟を正していなければならないというのが日本人的考えでなかろうか。

自分は良いがお前はダメというのはどうにも釈然としない。
ルール、あるいは論理的にダメだから批判はする(が、自分のことは棚に上げている)人間が増えているような気がする。

少なくとも自分も正そうとしている姿勢ぐらいは持てよと思う。



こういう他者への批判も中国的発想なんであろうなと思ってしまう。




都知事選立候補の鳥越俊太郎の公約を読んでみた

告示日が過ぎましたが、ネット情報だと鳥越俊太郎氏が都知事選緒戦は一歩リードしている模様。

個人的には鳥越氏はマスゴミ、老害、無政策と思っているのですが、
ネット上では流言飛語も飛び交いやすく、信じたい情報を信じてしまいがち。

都民じゃないけど、折角だから政策を読んでツッコミを入れてみようかなと。ひょっとしたら逆に今までのイメージが払拭されてしまうかもしれない。

鳥越俊太郎氏の公式ページの政策:http://www.shuntorigoe.com/pg_tochiji.html

「あなたに都政を取り戻す」
「住んでよし」「働いてよし」「環境によし」を実現する東京を!

>スローガンは良さそうですね。

◎私は聞く耳をもって、都民のさまざまな意見を聞き、批判を受けとめ、すべての都民が自由に発言できる風通しの良い都庁をつくります。

>内容自体は分かりますが、今都民は「自由に発言できない」んでしょうか?そこはちょっと疑問。

■都政への自覚と責任
都政は、都民が汗水たらして働いて納めた税金で成り立っています。
この原点を忘れた都知事が、2代続けて政治とカネの不祥事で都政を混乱させました。私は「納税者意識」を胸にとめ、都民の負託に応えます。
→第2の舛添問題を起こさせない体制をつくります。
•知事の海外視察費用・公用車利用のルールを見直します。
•知事の視察等の情報公開を徹底します。
•政治資金規正法の見直しを東京都から国に働きかけます。


>方針は分かりますが、「ルールの見直し」とは具体的にどうするのでしょうか。見直して終わりそうな気がします。既に問題があって、ルールもあるのですから具体的にどう変更すれば改善されるのか示すべきではないでしょうか。
>情報公開を徹底しますとなっていますが、既に情報公開請求をすれば情報公開自体はされています。公約にするなら「黒塗り」にしませんとするべきではないでしょうか。もっとも過去の政治を見れば、それが改まったことはないんですけどね。
>国に働きかけます。働きかけて終わりですよね。何が変わるんでしょうか。本気ならば、国政に出るべきです(それでも変わるとは思いませんけど)。
>以上、スローガンはいいですが建前にしか見えません。何一つ改善のための具体案がない政治家にありがちなお題目です。鳥越氏に限ったことではありませんが「見直します」「検討します」に期待するのやめましょう。

■夢のある東京五輪の成功へ
コンパクトでシンプルな2020年のオリンピック・パラリンピックを実現して、東京の可能性や魅力を世界へアピールします。
→ムダをなくしつつも、平和の祭典としての五輪を成功させます。
•五輪経費の徹底したコスト縮減を行います。
•東京の可能性や魅力を世界にアピールできる体制をつくります。


>これも方針は分かりますが、具体的に何やるんでしょうか。削減目標もないし、言うだけならだれでもできるんですが。
>営業部あるいは上司が客先で具体案のない耳障りの言い約束をして、結局しわ寄せが来て困るのは開発部、部下だったりしますよね。そんな風に見えてしまいます。

■都民の不安を解消します
医療・介護の充実、子どもの貧困や待機児童の解消に、早急に取り組みます。
がん検診の受診促進や骨粗しょう症対策等で、だれもが、いつまでも社会参加できる健康長寿の東京を目指します。
→都民のこころとからだの健康をあらゆる施策を通じて実現します。
•東京都のがん検診受診率は現在50%にも達していません。これをまずは50%、最終的には100%を目指します。
•だれもが先進医療を受けられる東京を目指します。
•受動喫煙防止に向けた条例制定に取り組みます。
•保育所の整備をはじめ、あらゆる施策を通じて、待機児童ゼロを目指します。
•保育士の給与・処遇を改善します。
•すべての子どもに学びの場が提供できる環境を整えます。
•貧困・格差の是正に向けて、若者への投資を増やすなど、効果的な対策に取り組みます。
•大介護時代に備え、特別養護老人ホームなど高齢者の住まいを確保します。介護職の給与・処遇を改善します。
•子育て・介護に優先的に予算を配分します。


>がん検診受診率100%、分かりやすい具体目標ですね。そのために何をやるのかはこれではわかりませんが、数値目標があれば結果と原因を探るにはいいですね。ただ、わざわざ都知事になってまで訴えたいというから東京都の受診率がとりわけ低いのかと思いきや調べてみたら全国平均レベル。各ガン受診率ワーストの大阪府知事を目指した方がいいと思います。
>だれもが先進医療を受けられる東京。財源あるんでしょうか。東京は金余っているからいいのかな。具体案がないけど高度医療をすべて税金で賄ったりするんですかね?
>受動喫煙防止に向けた条例制定。東京は既に分煙も進んでいるし、路上喫煙禁止区域も多いと思うのですが?実情をしっているんでしょうか。
>保育所の整備と待機児童ゼロを目指す。これは施策としては具体的かな。
>すべての子供に学びの場。えーっと。「子供」とは何を指すのでしょう。「学びの場」とは何を指すのでしょう。日本は義務教育の国ではなかったんでしょうか。憲法読み直して来たら?
>若者への投資。具体策を書いてほしいですね。
>老人ホームの確保、介護職の給与・処遇改善。老人ホームの確保は都でもできると思うのですけど、介護職の給与・処遇改善とは、厚生労働省の管轄なのでは?やっぱり国政に出たほうがいいんじゃないですか?

■安全・安心なまちづくり
耐震化・不燃化の促進、帰宅困難者対策で災害に強い東京をつくります。
再生可能エネルギーの普及で、持続可能な東京を実現します。
→住宅耐震化率83.8%から100%を、再生可能エネルギー割合8.7%から30%を目指します。
•住宅・マンションの耐震化助成を拡充します。
•民間事業者との連携やITの活用などにより、ハード・ソフト両面からの防災対策を進めます。
•原発に依存しない社会に向け、太陽光やバイオマスなど、再生可能エネルギーの普及に取り組みます。
•テロ・サイバー攻撃などの脅威に対し、万全の備えを確立します。


>これは実現可能なのかはさておき公約としては良さそうです。「目指します。取り組みます。」は努力目標としてしか見ませんが。
>再生可能エネルギーの普及はいいですが、原発に依存するかしないかは国が決めること。原発自体は東京にないのにどうするつもりなのでしょうか。本当にやりたいなら、原発のある県の県知事か国政にでるべきでしょうね。

■笑顔あふれる輝く東京へ
希望する人が正社員になれる格差のない社会を目指し、仕事と家庭の両立を支援します。東京の宝・職人を大切にするマイスター制度を拡充します。
→働く人の37.5%が非正規社員。正社員化を促進する企業を支援します。
•正社員化を促進する企業を支援し、不本意非正規社員の解消に努めます。また、最低賃金の引き上げを求めていきます。
•長時間労働の是正など、働き方改革で、ワークライフバランスを進めます。
•東京の宝である職人文化をマイスター制度で育はぐくみます。
•市区町村への財政支援を強化します。多摩格差を是正し、多摩・島しょ振興を進めます。


>色々と問題はありますが、正社員化促進は良いと思います。ただ、最低賃金の引き上げを求めてどうするのでしょうか。東京都は最低賃金907円で全国最高なのをご存じなのでしょうか(物価も高いですが)。国政に出るか、地方の最低賃金が低いところを何とかして欲しいですね。
>長時間労働の是正というのも何をするんでしょうね。
>マイスター制度、多摩島しょ振興は特に言うことはないですね。

■人権・平和・憲法を守る東京を
憲法を生かした「平和都市」東京を実現します。首都サミットの開催や文化・若者交流の推進にもチカラを入れます。
→多様性を尊重する多文化共生社会をつくります。
•男女平等、DV対策、LGBT施策、障害者差別禁止などの人権施策を推進します。
•非核都市宣言を提案します。


>憲法をどう生かすのでしょうか。謎。
>人権施策の推進とありますが、まったく具体策がないですね。
>非核都市宣言って、散々原発(しかも他県の)に頼ってきた東京が今更言えることなのでしょうか、できることなのでしょうか。原子爆弾のことを言っているならそれこそ国レベルの話ですしねぇ。。。と思ってネットで調べたら日本非核宣言自治体協議会なるものがあって全国の自治体の90%が既に宣言を行っているとのこと。リストに東京都各区各市で既に行われてますね。都(全体)として宣言するということでしょうか。実は今更な政策ですね。

~~~~~
政策が「がん検診100%」だけだ!なんてネット記事も見ましたが、さすがにそこまではひどくないですね。
とはいえ、具体策・数値目標のある政策がほとんどないのも事実。

掲げた公約で実際やれそうなことって以下ぐらいだと思いますが、どうでしょうねぇ。
■ルールの「見直し」
■オリンピックの開催
■がん検診まずは50%、子育て・介護へ優先的な予算
■再生可能エネルギーの普及推進
■マイスター制度、市区町村への財政支援

東京と言えば、舛添問題とオリンピックですが、そこには具体策が無く。

医療・介護・労働は厚生労働省。エネルギー問題は環境省。なぜ国政にでないのか。
東京だからこその問題点の見えぬ政策ばかり。
まして憲法云々したいなら国会議員になったほうがいいでしょう。

そんな政策掲げるなら国政に出ればいいのにという政策も多いです。ほんとなんで都知事なんでしょうか。



都民じゃないから関係ないのだけど・・・2

都知事選は混迷を極めているようで今日が立候補締め切りのようですが
宇都宮氏は立候補を取りやめるようですね。

野合のしがらみの犠牲者な気がしますが・・・。

組織票やら知名度やらだけで決まる選挙ってなんなんでしょうね。後出し選挙が有名になってきましたが、小池氏の立候補表明ですら過去の都知事選の日程から考えると後出し立候補と同じ表明日なんですよね。それより遅くに表明した増田氏やら鳥越氏が究極の後出しと言われるのもうなづけるところです。

まして政策も何も固まってないとか都民ひいては国民をバカにした立候補にしか見えません。まだ決まってないので他人の政策を参考にして進めるとは何事でしょうか。これから勉強するということは今現時点でできるかどうか自分の中で見通しも立ってないものを都民に訴えていくということでしょう。それだったら宇都宮氏の方が良かったのになぁと思います。

まぁとはいっても過去の都知事選をみると結局組織票あるいは知名度で決まっている面は否定できず、都民国民がもっと賢くなって投票するようにならなければ、いつまでたっても改善しないでしょうね。

元タレントでも元政治家でもない人が志をもって政治家になれる日はいつになったら来るんでしょうね。民主主義といいながら根幹部分が成立してないところを見ると、共産主義が理想だけで現実が伴わないのをバカにできないんじゃないかとも思えてきます。




投票率低いですね

20時過ぎて開票番組見ながら書いているのですが、

期日前投票は伸びたようですが投票率は前回より低い模様。
合わせても50%いくのやら。何かにつけ民主主義の崩壊だなんだと言われますが、国民が投票に行かない時点で崩壊してんじゃないのかなぁと思います。


さて・・・番組の方では出口調査などですでに当確が出てますが、自公過半数は確実で(さらに改憲勢力の維新を足すと)2/3に届きそうな勢いの模様。予想通りの結果といったところでしょうね。

少しは株価上がるといいんですが・・・予想通り過ぎて明日反応しないだろうな。


自公圧勝のようですが、投票率も低いし、有権者の関心が低いのでしょうね。投票しても変わらない。どこに入れたらいいのか分からない。民主に変えたら思ってたのと違ったというトラウマもあって結局自公に投票する。なんかそんな姿が目に浮かびますね。よその国と比べたら対立軸が存在しないというのはやはり日本が平和で幸せな証拠のようにも思います。政治家やマスコミは二極化だってよく言うけど、本当に二極化しているならそれぞれの主張に対応して政治も二極化しないとおかしいもんな。





カテゴリ
最新記事
プロフィール

竜の谷

Author:竜の谷
このブログは・・・
セミリタイヤ目指す30代が
投資・副業収入から毎日の支出を付けてやっていけそうかどうかを検討するブログです。(たぶん

ニュースに対して思ったこととかもたまに書いてます。

姉妹サイト
[競馬]竜の谷
競馬予想

トラリピ収入でリタイヤしたい
トラリピ結果をつけてます

当サイトはリンクフリーです

フリーエリア
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック