老後の保障より子供の保障

とあるテレビ番組でポルトガルは18歳まで教育費タダだそうな。
(ながらで見てたので詳細は覚えてないのだけど)

日本は老後の保障ばかり充実してるけど
少子高齢化を本気で何とかしたいなら
18歳まではタダ、その代わり老後は自分でなんとかしろってのが国家としては正しい姿なんじゃねぇのかな。

なんだか今は逆ばっかりやってるよね。
平均寿命もどんどん延びて、いくらかかるか分からない老後保障をやるより
18歳までと決めてしまえば掛かる額も計算しやすいわけで
あとは成人してから税金で回収すりゃいいんだからやりやすいと思うんだけどな。

成人後、贅沢したいなら長生きしたいなら自分で頑張って稼げって社会の方が健全な気がします。


国家に貢献しなくなった老体に金かけるより、これから貢献してくれるであろう子供に金かけたほうがいい気がするんだけど
なぜならないのか。

子供は判断力ないからと選挙権が与えられてないのに、なぜ思考力の弱くなった老人にはいつまでも(死ぬまで)選挙権が与えられているのか。すごく疑問なんだけどなぁ。

俺の考えがおかしいのか世の中が不条理なのか。はてさて。




スポンサーサイト

Muse細胞

昨日たまたま見ていた報道ステーションでMuse細胞なるもののニュースをやっていた。

”第三の万能細胞”らしい

第二のSTAP細胞にならなきゃいいけどなぁなんて冗談をいいながらも
これは期待できる技術!と思ってみていたら
生命科学インスティチュートという会社が実用に向けて進めているようだ。
でネットで調べてみたら三菱ケミカルのグループの模様。

これは明日ストップ高!と思って成り行きで買いを入れておいたのですが・・・


わずかに高いだけでさほど反応なし・・・(;´・ω・)あれ・・・?

免疫生物研究所という別銘柄が関連でストップ高になってました。
この会社、Muse関係あるのかな?よく分かりませんが
Clioと共同研究している模様・・・。

値動き軽い方に人気が集まるか・・・

まーそんなもんよね( ノД`)シクシク…

~~~~~
Muse細胞について
http://www.stemcells.med.tohoku.ac.jp/index.html
 東北大学大学院のサイト

サイト内研究概要にも太字で書かれてますが

腫瘍を作らないという安全面だけでなく、分化誘導もせずにそのまま生体内に投与するだけで組織修復細胞として働く簡便性にある。

なんて夢のような細胞。要はもともと人体にある修復細胞だけど、量が少ないから培養して投与するってことで様々な疾患に対応できるのではないかということみたい。




カテゴリ
最新記事
プロフィール

竜の谷

Author:竜の谷
このブログは・・・
セミリタイヤ目指す30代が
投資・副業収入から毎日の支出を付けてやっていけそうかどうかを検討するブログです。(たぶん

ニュースに対して思ったこととかもたまに書いてます。

姉妹サイト
[競馬]竜の谷
競馬予想

トラリピ収入でリタイヤしたい
トラリピ結果をつけてます

当サイトはリンクフリーです

フリーエリア
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック